アーユルヴェーダ的な夏の過ごし方

サロンの買い物の帰り道、フラっと立ち寄ったこの場所は

心地いい風が吹いてました。


 私たちのカラダは自律神経の働きによって体温を保つように

 できていて発汗によりカラダの熱を発散させて体温を下げる

 機能を持っています。

 しかし冷房などで気温の変化が著しい昨今では

 上手く機能せず自律神経の働きが鈍くなります。

 特にこの季節は[心]と[小腸]が弱ると言われています。

 カラダの上部に熱が溜まり、溜め込むことで[心]が乱れ

 イライラしやすくなります。

 消化が落ちているとき

 心が乱れているときはスパイスを利用しましょう。

 ●黒胡椒●

 胃酸の分泌を増やして消化を良くする作用があります。

 胡椒の実の外皮には脂肪を分解する成分が豊富に含まれて

 います。

 ●ターメリック●

 抗菌、抗炎症作用に優れ消化力を高め腸の働きを活発にします。

 ●クローブ●

 食欲増進、リンパ液の浄化、免疫力強化(特に肺と胃)

 ●クミン●

 消化力を高め、血液浄化、便秘の解消

 ●シナモン●

 古代からヒーリングスパイスとしてみなされてきました。

 鎮静スパイスであり神経系を落ち着かせる働きもあります。


“街の氷屋さん‘’

「ちょっと涼んでいきな!」ってお店のおばちゃん。

納品先の用途に応じて氷をカットするおじちゃん、神業!

98歳のおばあちゃんも現役で手伝っていました。

こういう出会いって元気もらえるわ〜ありがと♥

Relaxation Space indigo

完全予約制  浅草にある隠れ家的な 自然療法サロンです ◉メディカルアロマトリートメント ◉ロミロミ ◉ヘナハーブセラピー

0コメント

  • 1000 / 1000